寝たきり高齢者などの便秘




高齢者にみられる便秘解消の悩みは、直腸性便秘や弛緩性便秘が多いとされています。

寝たきりになると、運動不足になるので、全身の筋力が低下し、便を押し出す力が減って行きます。

高齢者が寝たきりになったときに、家族や介護する人が少し気を付けることで、1度便秘体質になってしまっても、解消されていきます。

排便の際に、どのような人でもそうですが、誰かの視界に入っていると、出る物も出なくなるものです。

高齢者が恥ずかしくないような配慮を心がけ、カーテンをひいたり、音が消されるように音楽をかけておく、素早く始末を済ませ消臭剤をかける、換気をするといったことを、頼まれる前にやるようにしていきます。

続きを読む

(C) 2009 便秘解消方法