過敏性腸症候群による便秘や下痢




便秘解消の悩みは多く耳にしますが、中には便秘と下痢を繰り返すという症状の方もいらっしゃいます。

「過敏性腸症候群」という、大腸と小腸が過敏になっている状態により、便通に異常をきたすという病気があるので、その可能性も考えられます。

過敏性腸症候群には3通りあり、「交替型」、「便秘型」、「下痢型」があります。

過敏性腸症候群は、度重なったストレスによる、自律神経の乱れが主な原因とされています。

ストレスによって便秘が解消されない症状は、よくありますので、現代人は気を付けなければなりません。

過敏性腸症候群にならないためのストレスとの上手な付き合い方は、一般的な便秘の解消にも、通じるところがあります。
ストレスに強い、体作りがポイントです。

続きを読む

(C) 2009 便秘解消方法