生理前の女性ホルモンと便秘の関係




便秘に悩む女性は多くいますが、生理と女性ホルモンも原因の1つにある可能性は、あまり知られていません。

「黄体ホルモン」という女性ホルモンは、排卵後から月経前のあいだが、多く分泌される時期です。

黄体ホルモンの働きは、次の排卵期に準備をするもので、体の中に水分を溜め込み、腸の動きを鈍くするなどがあります。

便の水分が減少することによって、便秘になるのであれば、解消法は特定されてくるのではないでしょうか。

黄体ホルモンが分泌される時期には、体が水分を必要としているはずですから、野菜や果物に含まれる水分などからも、体に吸収されやすい形で、摂り入れることができ、便秘解消につながります。

続きを読む

(C) 2009 便秘解消方法